無理なく歩行できる

外反母趾になると足の親指付け根部分が突出してしまい、亜脱臼を起こすケースも少なくありません。そうなると通常履いている靴では苦痛を感じて歩くのも困難な状態になります。しかし、靴の中敷きとして使用するインソールで保護すれば、靴を履いた状態でも無理なく歩行することが可能になります。現在は外反母趾用のインソールも多数販売されており、それぞれの症状に合わせて選べるようになっています。外反母趾用のインソールは、土踏まずのアーチ部分を支えるタイプのものが多く、足の機能をしっかりサポートしてくれます。

また、地面の反発を吸収する機能も各製品に備わっているため、歩行時の衝撃を和らげる効果もあります。専用のインソールはこれらの構造によって外反母趾部位の負担を軽減させており、靴を履いての歩行を格段に楽にしてくれます。また外反母趾の方は患部に負担をかけまいとして無理な姿勢で歩行するため、肩こりや頭痛、腰痛に悩まされることも多くなります。そういった支障も専用インソールによって改善できるので、体に負担をかけず美しい姿勢で歩けるようになります。

医療機関で自分専用のインソールを作ってもらうこともできるため、インソール作製に対応するところで診察を受けてみるもの良いでしょう。足の大きさや傾きを正確に実測し、自身に最適なインソールを一から作製できます。インソールを使用すれば、以前のようにお気に入りの靴を履いて街を闊歩する楽しさを満喫できるでしょう。

足の悩みから様々な症状に

足に関する悩みというものは多々ありますが、中でも外反母趾という症状には、近年、悩まされている方は多いでしょう。この外反母趾の症状はどういうものかと言えば、これはもう多くの方が認識されているように、足の親指が小指側に向けて傾いてしまうという症状です。この症状がひどくなりますと、正常に歩くこともできなくなったりして、そうすると体はまともに歩こうとしてさまざまな部分でバランスをとろうとします。

こういうことから頭痛や肩こり、腰痛、そして肥満などの他の症状が出てきてしまうこともしばしばあるのです。こうした外反母趾の主な原因は、その多くは女性のハイヒールではないかと言われてきましたが、実はこの外反母趾は何も女性に限って起こるものではなく、年齢や性別に関係なく起こるものであることから実に様々な原因が考えられました。中でも一番の原因と考えられるのが靴で、この靴の中には爪先が細くて足指を圧迫してしまうようなものも多く出ています。最近ではこうした症状を考慮して、さまざまな見地から靴の開発がすすめられ、外反母趾を予防するための靴も出ています。この外反母趾を改善させるためには、外反母趾用のサポーターやテーピングなどの方法がかなり有効となります。

しかも最新のサポーターやテーピングは、素材を柔らかくしたり薄くしたりして肌にも負担がかからないものが多く出ています。このように外反母趾の改善にはひどいときには手術も必要になる場合もありますが、普段の生活の中で簡単にできることも多くありますから、まずはそうしたものから始めることが賢明です。

おすすめの記事