サンダル

サンダルの場合

外反母趾になってしまうと、親指の付け根の部分から曲がっているように見えてしまいます。履物を選ぶ際には親指や親指の付け根に負担のかからないような靴を選ぶようにすると良いでしょう。また、夏場などの暑い時期には靴を履くよりもサンダルを履く機会が増えてきます。外反母趾の人は靴選びも重要ですが、サンダル選びも慎重に行わないと外反母趾に影響を及ぼしてしまう事があります。

なので靴同様にサンダル選びにも注意するようにしましょう。まずサンダルを選ぶ際のポイントとしては、靴底やインソールが柔らかすぎないものを選ぶと言う事です。エアーやバランスボールのようなものが入っている靴底は履き心地がよくて足にも良さそうに見えます。ですが、靴底が柔らかすぎてしまうと、かかと周りの骨格が崩れやすいというリスクが出てきてしまいます。そしてつま先の骨格も不安定になってしまい、外反母趾が悪化してしまう可能性もあります。なので靴底は適度に固めのものを選ぶようにしましょう。

また、かかとの分部がしっかりとした構造のサンダルを選ぶのも重要です。サンダルでもかかとのあるタイプは売っていますので、試着してかかとがしっかりと覆われているかを確認してみましょう。足の動きをきちんと考えて作られている靴は、かかと部分もしっかりとした構造で作られています。そして最後に、指先には適度な余裕のあるサンダルを選ぶようにしましょう。どんなに見た目が理想的なサンダルであっても、親指を締め付けるようなデザインの靴は外反母趾を悪化させてしまいますので注意が必要です。

スリッパの選び方

外反母趾の主な原因として、靴が挙げられるため、靴に気を使っている方もいますが、自宅や会社で履くスリッパについて気にしている方は少ないです。外反母趾の方は靴と同様にスリッパ選びも重要となります。靴も同じですが、間違ったスリッパを履き続けることによって外反母趾の症状を悪化させてしまう原因となってしまいます。そのため、靴だけでなく普段履いているスリッパにも気を使うようにしていきましょう。

外反母趾の方のスリッパの選び方としては、まずサイズ調整が出来るスリッパを購入したほうが良いです。サイズ調整をすることによって、自分の足の大きさに調整することができます。サイズ調整が出来るスリッパとしては、マジックテープやベルトなどがついており、そちらを目安にスリパを購入するようにしましょう。サイズを調整して自分の足に合わせることによって、外反母趾を悪化させないだけでなく、足の疲れを軽減することができるので、一石二鳥となります。

サイズ調整が出来るスリッパを購入される方は、自分の合しにフィットするもの、足を包み込む形のものを選ぶようにしてきます。足にフィットさせるものを選ぶことで、サイズ調整できるものと同様に外反母趾の悪化を防ぐことができます。足を包み込む形のもとは、つま先の部分が覆われているスリッパとなり、こちらを購入することによって、ぐらついてしまったり、履いている時にスリッパがズレてしまうことを防ぐことができます。

未分類】の関連記事
  • 複数のヒール
    症状と原因に効果がある!足の指が曲がる原因とは?
  • インソールで苦痛を緩和!足の悩みの改善方法
  • パソコンを見る女性
    足を解放してラクに機能性と多様なデザイン外反母趾向けの靴
  • ヒールの靴
    外反母趾やその治療・改善方法とおすすめのアイテム
  • サンダル
    足に合うものを選ぶ!外反母趾の人のサンダル、スリッパの選び方
  • 靴のイメージ
    外反母趾の人の靴選び。希望の靴の選び方
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。