パソコンを見る女性

安心して選べます

足の筋肉は全体の70%を閉めるほど重要な部分です。そして体重がかかる負荷は実に体重の1.2倍にもなり、現代の生活では特に女性は男性に比べ筋肉が柔らかい事や、デザインを重視し、合わない靴を無理矢理履いたり、ハイヒールを履いたりすることから、女性の方が外反母趾になりやすいと言われており、他にも遺伝が原因など、様々な要因が挙げられますが、今外反母趾で辛い人には治療だけではなく、毎日履く靴も選ぶ必要があります。インターネットで検索すると外反母趾用でも、既製品からオーダーメイドまで幅広い靴を購入することができます。

実際、自分の近くの店舗を探すより、インターネットで探した方がより自分に合った靴を選ぶ事ができます。しかし普通靴を選ぶのとは違い、多くの店舗で、自分に合った靴になりまで返品やサイズ交換などを無料でしてくれる点です。なるべく靴を選ぶ時には足に負担がかからず、圧迫などもしないものを選びたいところですが、外反母趾の症状も人それぞれですので、底部分が柔らかい素材で出来ていたり、靴自体柔らかいものなどもあります。全体的につま先部分が少し上がっているのが多いのは、足の指をなるべく曲げずに歩ける工夫がされていますので、このような靴であることもチェックしておくといいでしょう。

金額は既製品であれば、3500円~13000円ほどで購入することが可能ですが、オーダーメイドになれば10万ほどするものが多いですが、その代わり完全に自分に合った靴が履ける利点があります。

自分の足に合う一足を

外反母趾の方、外反母趾気味の足が気になっている方には、つま先が丸くヒールが低い靴をオススメします。外反母趾や外反母趾気味の足の場合、とにかく足に負担をかけないような靴を選ぶことが大切になります。つま先が細くなっているものは、足の指が動くスペースがないので、とても窮屈な履き心地になってしまいます。

また、長い時間履くのはもちろん、短い時間でも頻繁に履き続けることにより、だんだんと親指が小指の方向に曲がっていき、本格的な外反母趾になってしまうので、注意が必要です。ヒールの高い靴も、足の前方に大きな負担がかかり、外反母趾の原因になると言われています。でも仕事柄どうしても先の細い靴やヒールの高い靴を履かなければいけない時もあるかもしれません。そのときは、できるだけ最低限の時間にしましょう。たとえば、仕事中以外はスニーカーやサンダルなど、足が解放されるラクチンな靴に交換できるように自宅から持参すると良いでしょう。

休憩中や、移動のとき、通勤中は、できるだけラクな靴を履くようにしてくださいね。また、先の細い靴は、シューズストレッチャーなどを使い、幅を広げることでだいぶ足に優しくなります。普段からどうしても先が細くなった靴を履きたいという外反母趾気味の人には、シューズストレッチャーの使用がオススメです。一つ持っておくとずっと使えるアイテムです。靴は、同じサイズでもデザインやブランドによって履きごこちが全然違いますから、自分の足に合う一足を見つけましょう。

おすすめの記事