ダイエットの新ジャンル

ダイエット 女性

ラクトフェリンは様々な働きを持っていますが、特にダイエット効果で注目されています。整腸作用と内臓脂肪を減らす効果があり、さらには歯周病予防によりメタボリックシンドロームにも効果があることが分かっています。ラクトフェリンはサプリメントで摂取することが効率的で、生きて腸まで届くことが重要なポイントです。

赤ちゃんを守る栄養素

インフルエンザや花粉症の予防として、ヨーグルトなどの乳製品が大変注目を集めています。様々な乳酸菌を含んだ商品が棚に並び、最近ではプリン体と戦う乳酸菌というCM商品も販売されています。そのような中で、ラクトフェリンヨーグルトという言葉も耳にするようになりました。このラクトフェリンとは一体どのようなものなのでしょうか。ラクトフェリンは多機能性たんぱく質の一種で、その名前の通り様々な働きをすることで注目を集めています。発見当初から抗菌作用があることで知られていました。出産後数日の母乳に多く含まれており、抵抗力の弱い赤ちゃんを外敵から守る役割をします。また最近では、免疫力の向上や腸内環境の正常化、内臓脂肪の低減や貧血対策に効果があると言われています。特に女性にとっては、ダイエット効果があるということで話題になっています。

腸内環境や内臓脂肪に効く

ラクトフェリンのダイエット効果の一つは、腸内環境を整えることです。ラクトフェリンは腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を抑制する働きをします。その結果、腸内環境が整い便通が改善されます。排泄をスムーズにすることが、ダイエットの第一歩と言えるでしょう。二つ目は、内臓脂肪を減らす効果があることです。脂肪はぺリリピンという物質に覆われていることで分解されにくくなっていますが、ラクトフェリンにはぺリリピンの量を減らす効果があります。結果的に、脂肪の分解を助けることになるのです。また意外なところでは、歯周病とメタボリックシンドロームの関係性です。歯周病の原因であるLPSという毒素が、脂質異常を引き起こす原因となることが明らかになっています。そこで注目されたのがラクトフェリンで、LPSを不活性化することで脂質異常を抑える効果を見出されました。良いことだらけの栄養素に思えますが、ラクトフェリンは熱や酸に弱いという特徴があります。効率的に摂取するにはサプリメントの活用が有効ですが、きちんと腸まで届くものを選びましょう。

抗菌作用の高い成分とは

サプリ_イメージ

母乳や唾液、涙などに含まれ抗菌作用の高い成分がラクトフェリンです。また、抗酸化作用もあり老化現象を抑制します。それに、腸内の大腸菌を抑え便通を良くして腸内環境を整えます。サプリメントなら、胃酸の影響を受けず腸まで成分が届くので効果的です。

母乳などに含まれる成分

最近は、ラクトフェリンが配合されたヨーグルトを店頭でよく見かけるようになりました。これは、様々な効果があり健康に役立つ成分でテレビや雑誌などでも特集が組まれたりしています。人が最初にラクトフェリンと出会うのは母乳からです。この成分は、母乳に多く含まれ赤ちゃんに免疫力を与えます。細菌やウィルスなどの攻撃から赤ちゃんの体を守ってくれるのです。ラクトフェリンは、母乳だけでなく唾液や涙などにも存在します。糖タンパク質の1種で抗菌作用があり目や鼻、口から入ってくる病原菌を殺菌してくれる役割を果たします。便秘にも効果があり大腸菌を減らし腸内環境を整え便通を良くします。それに、余分な脂肪の代謝を促進し内臓脂肪を減らす働きもします。

強い抗菌作用

ラクトフェリンは、体内の鉄分と結合することにより強い抗菌作用を生み出します。その時、人の老化現象を抑制する抗酸化作用も発生します。これは、美肌効果もあり肌に弾力や潤いなどを与え肌を若返らせます。また、ラクトフェリンの抗菌作用で腸内の大腸菌を抑え、善玉菌を増やすので腸内環境が整い便通も良くなります。そのため、新陳代謝も良くなりダイエット効果が期待できるのです。ラクトフェリンは、ヨーグルトでも摂取できますが、サプリメントなら効果的にこの成分が摂取できます。ヨーグルトよりも多くのラクトフェリンを摂取でき、胃酸の影響を受けず腸まで届きます。腸まで届くことで大腸菌などを抑制することができるのです。そのため、ラクトフェリンを効果的に利用するにはサプリメントの方が有効だとも言えます。

おすすめの記事